人物_20210728_3.jpg

中国美術高額査定する目利きポイント

中国美術_edited.jpg

【翡翠香炉】

中国美術2.jpg

【中国闘神像】

中国美術3.jpg

【時代硯】

ロゴ_勝手にPNG.png

​価値を見極める

高価買取査定のポイント

作られた時代

中国美術は日本美術以上に歴史が深いです。元、明、清時代の品物で時代があるととても評価が高いです。その分、後の時代に作られたコピーされた写しものだと評価は低くなります。

中国美術(1).jpg

品物の真偽

在銘のものはその銘が正しいかどうかがポイントとなります。
また無銘でも古い時代に作られたかどうかが大切です。古い時代に作られた本物のことを本歌と言いますが、本歌であるかが重要です。

ヒビ.jpg
中国美術(2).jpg

在銘or無銘

中国美術にも在銘のものがあります。特に掛け軸は在銘のものが多く、有名な作家は評価が高く高価に買い取ることができます。もちろん無銘のものでも時代が古いものは評価が高いものもございます。

R6_2021.07.28-33.jpg

キズや汚れ

磁器や陶器はニュウなどのキズや当たりがないか、掛軸などはシミや汚れはないか、ダメージがなく完品に近いほど評価は高くなります。

【​高価買取作家】

斉白石(サイハクセキ)
呉昌石(ゴショウセキ)
于右任(ウユウジン)
董基昌(トウキショウ)
蒋介石(ショウカイセキ)

王鐸(オウタク)
王蒙(オウモウ)
黄公望(オウコウボウ)
呉鎮(ゴチン)

 

実際の買受時にはさらに丁寧に説明します