人物_20210728_3.jpg

蒔絵高額査定する目利きポイント

蒔絵1.jpg

【紫陽図蒔絵印籠】

蒔絵.jpg

【硯屏】
芝山蒔絵

蒔絵2.jpg

【青貝螺鈿香合】

ロゴ_勝手にPNG.png

​価値を見極める

高価買取査定のポイント

在銘か無銘か

蒔絵には蒔絵師の銘が入ってるものもあります。有名な蒔絵師ほど評価が高く高価に買い取れます。

R6_2021.07.28-33.jpg
蒔絵(3).jpg

時代があるか

蒔絵は明治以前の蒔絵は高価に評価できる場合が多いです。古い蒔絵ほど評価できることが多いです。

蒔絵の種類

蒔絵には色々な種類の蒔絵がありますがその中でも金梨地蒔絵、平目地蒔絵、芝山蒔絵は評価が高く高価に買い取れます。

蒔絵 (2).jpg
蒔絵 (1).jpg

保存状態

蒔絵は乾燥に弱く非常に痛みやすいです。ヒビが入ってしまったり割れたりしたものは評価が下がります。保存状態は大切なポイントです

【​高価買取作家】

柴田是真(シバタ ゼシン)
音丸耕堂(オトマルコ ウドウ)
堆朱楊成(ツイシュ ヨウセイ)

中村宗哲(ナカムラソウテツ)
池田泰真(イケダ タイシン)
松田権六(マツダゴンロク)

 

実際の買受時にはさらに丁寧に説明します