人物_20210728_3.jpg

鎧・甲冑高額査定する目利きポイント

兜2.jpg

【六十二間筋兜】

甲冑3.png

【紺糸縅二枚胴具足】

兜1.png

【十八間星兜】
明珍式部紀宗察造之

ロゴ_勝手にPNG.png

​価値を見極める

高価買取査定のポイント

在銘か無銘か

在銘の場合、鎧の兜の内側に作った銘を入れます。作った甲冑師が銘を入れます。明珍派、早乙女派、春田派などの甲冑師が兜を作っており、有名な甲冑師ほど評価高いです。

R6_2021.07.28-33.jpg
兜.jpg

時代があるか

江戸時代以前に作られたものは時代があり本歌と言います。高く評価でき高価に買い取れます。
鎧には近代にコピーで作られたものも沢山あり、そういうものは評価が低くなります。

パーツの不足

鎧は形式にもよりますが、基本は兜、面頬、胴、小手、袖、脛当、掃立、で揃っています。パーツがなくなっておらず、すべて揃っていると評価が高いです。

甲冑3.png
兜(2).jpg

保存状態

鎧は時代がたつにつれて、紐や漆、布の状態が劣化していきます。保存状態が良くダメージが少ないほど評価が高いです

【​高価買取作家】

明珍宗介(ミョウチン ムネスケ)
明珍信家(ミョウチン ノブイエ)
明珍高義(ミョウチン タカヨシ)
明珍義通(ミョウチンヨシミチ)
春田光春(ハルタミツハル)

早乙女家忠(サオトメ イエタダ)
早乙女家成(サオトメ イエナリ)
早乙女家貞(サオトメ イエサダ)
早乙女家親(サオトメ イエチカ)
岩井与左衛門(イワイ ヨザエモン)

 

実際の買受時にはさらに丁寧に説明します